柑橘類の皮に多く含まれる「リモネン」という成分をご存知でしょうか?

レモンやオレンジ、グレープフルーツやみかんに豊富に含まれ、甘酸っぱい香りの香料や台所用洗剤などとして使われています。

ハゲ最大の原因「ジヒドロテストロン」の生成を阻害

この「リモネン」は、抜け毛を引き起こす男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を生成する「5αリダクターゼ」という酵素の働きを抑制します。 5αリダクターゼは、男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素です。

1型と2型があり、2型5αリダクターゼがジヒドロテストステロン(DHT)を生成してしまいます。 このDHTがハゲ最大の原因と言われており、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつき、育毛サイクルを狂わせてしまうのです。

この2型5αリダクターゼを抑制するのが、かの有名な「プロペシア(フィナステリド)」で、AGA治療に欠かせない薬となっています。

柑橘類に含まれる「リモネン」、はプロペシアと同じメカニズムを持っているのです。

柑橘類の香りにはリラックス効果


グレープフルーツの香水やアロマがあるように、リモネンにはリラックス効果があります。ストレスは抜け毛の大敵。交感神経を活性化させ血管を広げ、血流の流れを良くします。イラッとしたら柑橘系のジュースを飲むといいですよ。

ビタミンPって知ってる?

グレープフルーツの育毛効果はリモネンだけではありません。>ビタミンP(ヘスペリジン)という成分が含まれており、このビタミンPは毛細血管を強くし、血流を改善する働きを持っています。

さらに、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす作用もあります。欧州では静脈循環改善薬の有効成分として承認されているほか、漢方薬「陳皮(ちんぴ)」の有効成分でもあります。

グレープフルーツに含まれるビタミンCには抗酸化作用がありますが、壊れやすいという弱点があります。ビタミンPはそれを補助し、ビタミンCの働きを強化してくれるのです。

ダイエットにも効果あり


リモネンには抗酸化作用、血行促進作用、免疫力をアップする作用などがあると言われており、育毛効果だけでなくダイエット効果や冷え症改善効果も期待できます。

アロマセラピーでは、リモネンが交感神経を活性化させることで脂肪を分解する働きがあるため、柑橘系の精油がダイエットに使われています。

リモネンは柑橘類に多く含まれている成分ですが、みかんやオレンジなどよりも、グレープフルーツに多く含まれているんですよ。

明日からお酒は生グレープフルーツサワーにチェンジだね! a0002_004799_m

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします