菅原経産相の辞任でてんやわんやの安倍政権ですが、ハゲルヤが注目したいのは、地方創生相の北村誠吾氏です。
北村誠吾
「新閣僚で一番地味」と言われている北村誠吾地方創生相。ハゲルヤ読者の皆さんも「誰だよそれ」と思っていらっしゃるかもしれませんが、72歳でやっと大臣になれた苦労人です。

不自然な生え際がチャームポイント

その苦労は当然、この部分に現れます。生え際が浮いてますよね。
スクリーンショット 2019-10-24 20.36.33
今から8年前、自民党の動画チャンネルにアップされた、北村大臣の画像がこちら。
スクリーンショット 2019-10-24 20.40.47

かぶっていらっしゃるわけですね。

そんな北村氏ですが、一部では批判の声も上がっています。9月14日、地元長崎県の佐世保で記者会見した際に、一部住民が反対している長崎県川棚町のダム建設で景観が変わるとの指摘について「原風景への思いは人それぞれに価値観の違いがある。誰もが共通に思うものだと言えるかどうか」と発言、反対派はお怒りに。

その後台風19号でダムの必要性が明らかになり、逆風が追い風に変わりつつある部分もありますが、ぜひ大事な髪の毛を飛ばされないように気をつけていただきたいと思います。

カツラを隠さない北村大臣

そして、北村氏のいいところは、カツラを公言していること。カツラのことを「頭が日焼けしないための帽子」と語り、偉い人の前ではちゃんと脱帽するそうです。

大臣になった今、北村氏より偉い人はそれほど沢山いなそうですが、先日も野党議員が政府に事前通告した国会質問の内容が外部に流れた問題をめぐって「責任を取る」と発言したばかり。

いざとなったら、カメラの前で脱帽して謝罪すれば、世論は一気に味方になりそうですが、その切り札が炸裂しないことを祈っております。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします