ハゲルヤ読者の皆さん、こんにちは。

最近は暑い日が増え、晴れた日の直射日光がきつい時期ですね。ただでさえ体に備え付けられた髪の毛という装備がやや手薄な我々ですから、熱中症などには注意したいところです。

さて、これからの季節に関わらず、同志の皆さんの中には自らのファッションに帽子を取り入れているという人もいるのでは。

この帽子というアイテムについては、ハゲ・薄毛の人ならば一度は聞いたことがあるだろう通説があります。

それは…帽子をかぶるとハゲるということ。

james-bak-xKyLB4j9EBg-unsplash
周囲からの好奇の視線を集めてしまう頭部を目立たなくさせ、オシャレアイテムとしてもアクセントになる帽子が、ハゲの原因になるのだとしたら…考えただけでおぞましいことです。

答えはアメリカにあった

ついこの間、そんな疑問に答える記事がアメリカの雑誌のTIMEに掲載されていました。

記事ではまずUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の皮膚科の先生による「帽子をかぶったらハゲるのではなく、髪が薄い人が帽子をかぶることが多いので、帽子がハゲのきっかけになると考えている人が多い」というコメントを紹介。

ハゲが帽子好きだから、帽子にハゲるイメージがついてしまったということか…。

続いて、形成外科医で植毛のプロフェッショナルでもあるMichael Wolfeld先生が髪の毛が薄くなる主な要因は「遺伝子」だと説明しています。
スクリーンショット 2019-06-29 20.59.11
このWolfeld先生、NYで植毛のスペシャリストの看板を掲げているだけあって、ご自身も薄毛とは無縁そうなルックスをしていますが、薄毛についての解説も切れ味十分です。

興味深いのはポニーテールのようなスタイルで髪を引っ張り続けると、抜け毛の要因になる可能性を指摘しているところ。 つまり、頭をぎゅっと締め付ける帽子を1日中、長い期間にわたってかぶり続けることで頭皮や毛髪へのダメージとなり、抜け毛につながる可能性があるということなんです。

工事関係者のヘルメットがこれに該当するかもしれません。お気をつけください。

記事では他に帽子の素材や染料、自分の汗は抜け毛には影響しないとしています。つまり、帽子の完全勝利!ハゲとは関係なし!専門家のお墨付きがもらえて胸をなでおろした方もいることでしょう。

心配性な帽子派のあなたは、明日からまた安心して帽子をかぶってください。

個人的には、ハゲが帽子を被るから帽子=ハゲのイメージがつく、っていう容赦ないコメントが結構グサッときましたけど…。

おしゃれな帽子の選び方の記事もこないだアップしましたのでぜひご参考に。
夏がやってくる!頭皮を守るなら、2019年は断然キャップタイプの帽子がオススメ!

それでは良いヘアケアライフを!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします