お笑い芸人でありながら、歌手顔負けの歌声を持つマキタスポーツ。
スクリーンショット 2019-05-28 0.05.42
最近はお笑いだけでなく俳優としても活躍の場を広げていますが、そんなマキタスポーツが先日テレビ朝日系で放送中のTV番組「金曜日のどっち!?」に出演しました。
スクリーンショット 2019-05-28 0.06.04
毎回様々な人が「どっちだろう?」と深刻に悩む問題について討論をするこの番組。2019年5月24日の放送ではゲストのマキタスポーツが「スキンヘッドにする人。アリかナシか」をテーマに挙げました。

マキタスポーツ曰く「スキンヘッドはもう1つのズラ」

24〜25歳頃から徐々に髪の毛が後退していったというマキタスポーツは、スキンヘッドは逃げ論を展開。自分自身がハゲていることもあって、街でスキンヘッドにしている人を見ると「あぁ、スキンヘッドに逃げたな」と思うのだそうです。

この意見に対してスタジオでは「スキンヘッドの方が潔い」という声も上がったのですが、マキタスポーツは「逃げただけです」と一刀両断。「スキンヘッドは1つのヅラ」という独特の主張を持つ一方、普通のハゲには尊敬の念を抱いているようです。

頭頂部が薄いことをバラエティ番組でいじられているフットボールアワー・岩尾望さんについては、「すごい尊敬できる。粛々とハゲてる」と大絶賛。そして「それと比べると。スキンヘッドの人達は逃げたな」と追い打ちをかけました。

スキンヘッドは逃げの真意

スクリーンショット 2019-05-28 0.14.43
ハゲルヤ編集部の推測ですが、マキタスポーツさんの主張は、ハゲはありのままでハゲた方が潔くてカッコいいということでしょう。それに対してスキンヘッドは、少しでもオシャレに見せようという人間の欲が透けて見えるというわけです。

番組ではマキタスポーツの持論を証明するために、スキンヘッドの人達に「スキンヘッドにしたのは逃げですか?」というアンケートを実施しました。その結果、答えたスキンヘッド全員の回答が「逃げてない」だったそうです。

まあ、逃げてる奴が逃げてるとは言わないですよね。

マキタスポーツのスキンヘッド論、あなたはどう思いますか?

ハゲルヤ編集部は粛々としたハゲも、スキンヘッドもどちらも応援していきます!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします