第一生命が毎年実施している「サラリーマン川柳コンクール」

この川柳コンクールは1987年にはじまり、今年でなんと32回目。、毎年サラリーマンの悲哀を感じさせるおもしろ川柳が投稿されることで知られています。今年はなんと応募総数4万3691句。その中から100句を選抜し、さらにそこから10万7000人の投票によって決まったのがこのベストテンです。

サラリーマン川柳ベストテン

スクリーンショット 2019-05-27 1.55.47
1位:五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし 3446票
2位:いい数字 出るまで測る 血圧計 3235票
3位:メルカリで 妻が売るのは 俺の物 3032票
4位:ノー残業 趣味なし金なし 居場所なし 2956票
5位:「やせなさい」 腹にしみいる 医者の声 2468票
6位:やっと縁 切れた上司が 再雇用 2195票
7位:手紙書き 漢字忘れて スマホ打ち 2113票
8位:下腹が 気づかぬ内に ひょっこりはん 2077票
9位:U・S・A 流行りにのれない まあいっさ 2051票
10位:叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」 2040票


毎年流行りの歌やドラマをネタにした句が強いコンクールだけあり、今年はDA PUMPの『U・S・A』をネタにしたものが2つランクイン。それ以外には毎年定番の血圧、健康ネタや、上司・部下ネタ、恐妻ネタが並んでいます。

ここでハゲルヤ的に気になるのが「ハゲネタ」の少なさ。薄毛は中年サラリーマンが持つ悩みの定番。なのになぜ・・・?

意外とハゲネタは少ない?

実はサラリーマン川柳にはこれまでもあまりハゲネタが取り上げられることはなかったというのはあまり知られていない事実。 第20回までベスト100を遡ってみても見当たるのはわずかにこの4句のみなんです。
減っていく… ボーナス・年金 髪・愛情(第21回)
うぶ毛でも オレは育てる 妻は抜く(第22回)
わが額 領土を主張 頭上まで(第24回)
『カミ減らせ』 俺の頭は 実施済み(第28回)
ここまで少ない理由は、やはりかつらをカミングアウトしたことで知られる、やくみつる氏が関わっているからでは・・・というのはやや穿った見方でしょうか。とはいえ、サラリーマン川柳はまだまだ続くはず。今後も、風刺の効いた句の数々を期待したいですね。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします