スクリーンショット 2019-05-26 20.34.12
久々の体験談ネタです。かなり許せない内容だったので、掲載します。
ハゲルヤ編集部様

ネタ提供とまではいかないかもしれませんが、先日酷い目にあったので少し愚痴らせてください。

少し前、仕事付き合いでの飲み会がありました。内訳は男4人に女3人、同僚の女性以外はほぼ初対面というものです。

会はそこそこ盛り上がり、そろそろ宴もたけなわというタイミングで同僚女性が一言、

「この人、薄毛気にして薬飲んでるらしいんですよ〜www」

いい大人が集まっている飲み会だったので、もちろん場の空気が凍りました。私はドン引きしつつ、「いや、そもそもなんでお前は知ってるんだ…」と困惑していたのですが。

しかし、妙な空気のままにするわけにもいかず、 「いや〜、親もハゲてて、やっぱり気になっちゃうんですよね〜」 と茶化したのが運の尽き。そこからはハゲいじりが止まりません。

「薬を飲んでまでハゲ予防するのは引く」
「そこまでするならハゲを受け入れるべき」
「そもそもハゲは恋愛対象外」(こっちがお断りだ!)

見かねた1人の男性が「気になり始めると、そういうことも試してみたくなりますよね。俺も調べたことあるし」とフォローしてくれましたが、もはや後の祭り。正直屈辱感でいっぱいです。

これだけハゲ予防のCMが流れる時代になっても、世間ではやはり「ハゲはイジっていい存在」なのでしょうか。
うーん、心中お察しします。

ボクもハゲいじりは何度もされてきましたが、そもそもすでに見て分かるレベルだったのでそれほど傷は深くなかったというか、あまり気にせずにすんでいたんですよね。

しかし今回はそれとは違い、ハゲ予防の暴露ですか。彼女がその事実をどうやって知ったかはさておき、人のコンプレックスを勝手に暴露して酒の肴にするなど、まともな人間のやることではありません。

少し前に、とある国立大学で性的マイノリティの学生がその事実を暴露され、命を絶ってしてしまうという悲しい出来事がありましたが、今回の件もやっていることはほとんど同じです。毅然とした態度で「人のコンプレックスをネタにするな」「ハゲ予防して何が悪い」と言うべきだったかもしれませんが、同僚となればこれも難しかったでしょう。

さて、「『ハゲはイジっていい存在』なのでしょうか」という質問についてですが、答えは簡単。

「いいわけねえだろ!!」

です。そもそも本人が望まないイジりはイジメと同じです。

投稿いただいた方は今後二度と不快な思いをしないよう、そのような方とは可能な限り距離を置くべきでしょう。その辺のオヤジから国会議員まで、酒を飲んで余計なことを言う人間がこの国には多すぎますから。

みなさんも無礼な輩にはくれぐれもお気を付けください。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします