ハゲルヤ読者の皆さん、こんにちは。

高齢化社会のわが日本、最近では「終活」という文字をよく目にすることが多くありますが、皆さんはどのような人生の締めくくりを想像しているでしょうか。
f73feceab72cc116393977a77930a1b1_s
まだまだ人生の幕引きを考えるには早いと思いますが、迷いなく極楽浄土にたどり着くために、日頃から仏のように頭の中も頭の表面もサッパリと生きたいところです。

ハゲ史上最も残念な死に方

先日、こんなツイートが話題になっていました。
ネットサブカル界の有名人であるシモダテツヤさんが、ふざけた死因を調べていたところ、アテナイ(ギリシャの首都アテネ)の悲劇詩人・アイスキュロスの世にも奇妙な死に方に行き着いたそう。

その死因というのが、「ハゲ頭をカメの甲羅を砕くのに丁度良い岩と勘違いされ、ヒゲワシにリクガメを落とされて死んだ」というものです。

このアイスキュロスという人物は、古代アテナイの三大悲劇詩人のひとりとされ、ギリシア悲劇を確立したことでも知られる超ビックネーム。
900px-Aeschylus_Bust
そんな大詩人が、人生の最後にハゲ頭にカメの甲羅をぶつけられて死ぬ、という悲劇で自らの一生に幕を下ろしたのはなんとも皮肉です。いや、喜劇かな。

このアイスキュロスの死亡という出来事は、これまでも西洋絵画のモチーフにされることが多く、いつくかの作品が残されています。

例えば、こちらは15世紀のイタリアの版画家・フィニグエラの作品。
Death_of_Aeschylus_in_Florentine_Picture_Chronicle
ヒゲワシが投じたカメが見事にアイスキュロスの頭にクリーンヒットしています。そしてよく見るとさらにリクガメをもう一投しているではありませんか。

ハゲているだけで頭上からカメを投下されるアイスキュロスからしたら、たまったものではありません。しかも実はこの死亡事故、我々同士にとっては笑い話にできない話でもあります。

ヒゲワシを見たら頭を隠せ

日本にも、静岡市の日本平動物園に1羽だけ存在するヒゲワシですが、動物の骨をエサとし、固いものや大きいものは空中に持って飛び上がり、地上の岩を狙って落として割る習性を持っている鳥なんです。
つまり、我々のように光沢を持つ頭部だと、いつヒゲワシに岩と勘違いされ頭上から動物の骨を落とされるかわからないのです。

ハゲているだけでも辛いことが多いのに、その上ワシにも命を狙われるとは…人生ハードモードすぎませんでしょうか。

ヒゲワシは、アジア中部や中東、ヨーロッパ南部のほか、アフリカ大陸の一部地域にも分布しているそうです。

ハゲルヤ読者の皆さんに置かれましては、これらの地域の山岳地帯に行かれる際には、どうか頭部を保護していただきますよう、お願いいたします。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします