1月も終盤、早くも2019年の12分の1が消化されたことになります。いやあ、月日が流れるのって本当に早いですね。若い頃は毎日めいっぱい遊んで、頭にヘアワックスを付けたまま寝たりしてたな・・・。

ハゲるのに。

とはいえ、そんな生活は現代の若者も変わらないようです。

育毛情報などを発信する株式会社ソーシャルテックが10代~20代の男性に「薄毛予防に関する意識調査」を実施。若者たちの将来が心配になるデータが出てきています。

若者はスキンケアに前向きでも、頭皮ケアはスルー

ここ10年ほどですっかり定着した男性のスキンケア。現代の若者にお肌の手入れはかかせません。まず「スキンケアに気を遣っている男性に対してどう思いますか?」という質問には、6割以上が「見習いたい」「かっこいい」「好感がもてる」と回答。

d37490-1-119602-0

お肌の綺麗な男性には先進的なイメージがあるのでしょうか、前向きな回答が多いのが印象的です。

しかし、ケアの内容を聞くと、1位は乾燥した肌へのケア(46.71%)、2位はムダ毛の処理(15.50%)と、ケアの実態が「見えている部分」に偏っていることがわかります。なんと頭皮のケアをしているのはわずか11.14%と、全体の1割程度・・・

d37490-1-692742-2

わかります。若い頃ってそんなもんなんです。だってめんどくさいですし、将来ハゲるかどうかなんてわかんないですしね。でもボクはその結果、ハゲました。だから若い子達には伝えたい。「ハゲたくないなら、まず頭皮をケアしろ」と。

d37490-1-711634-4

実際、若者達も、「将来避けたいことはなんですか?」という質問には「薄毛になること」と答えています。ここから、「ハゲたくはない、でもケアは顔が中心」という若者の実情が見えてきました。

しかし、この矛盾を抱えたままでは、日本に将来、「美肌ハゲ」が増加してしまうことにつながりかねません。

「まだ若いから」「ハゲの家系じゃないから」これはもう慢心です。「あの人、肌もツルツルだけど、頭もツルツルだよね〜」と言われる将来を避けたいなら、いますぐ頭皮に優しくしてあげてほしいと、オジサンは思うのでした。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします