2018年の大河ドラマ「西郷どん」のクランクアップ報告会が先日行われました。

主演は、人気俳優の鈴木亮平さん。今回、1年間という長丁場の撮影について「一言で言うなら生ききったなという感じ」と語っています。

1年間の撮影にあたって、様々な苦労があったと思いますが、肝心のドラマは最終回まであとわずか。しかし、ここにきて話題になっているのが西郷隆盛を演じる鈴木亮平の髪型です。

なんと右のこめかみ部分がハゲていると噂になっているのだとか。Twitterにもこんな写真が上がっていました。
スクリーンショット_2018-11-12_21_45_11

確かにハゲてる。

これまで数々の映画、ドラマに出演してきた鈴木亮平さんでも1年間撮影をするという大河ドラマのストレスから精神的にまいってしまったのか…。と心配したのですが、真実は違うようです。

鈴木亮平さんは役に合わせて体型さえも自由自在に操るカメレオン俳優と呼ばれています。

時にはプロレスラー並の筋肉をつけたり、体重を20〜30キロ増減させるなど、人並み外れた役作りをやってのけることからカメレオンと呼ばれているわけです。実際、鈴木亮平さんの2013年〜2015年までの役作りの苦労ぶりがわかる写真がありました。

体重の増減と文字で書くのは簡単ですが、これを短期間で行うのは容易ではありません。鈴木亮平さんの芝居に対する本気ぶりが伝わってきます。

そして今回のハゲ疑惑も役作りだという説が浮上しました。この説の信憑性を高めているのが史実で語られている西郷隆盛のクセ。

西郷どんはキセルで頭を掻く癖があって、その場所にハゲがあったと言われています。実際に肖像画には右のこめかみ部分にハゲがあるのだとか。
つまり鈴木亮平さんはこの説をどこかで耳にして、ドラマでハゲまで再現した…という見方があるんです。

恐るべし、役者魂。

西郷隆盛が実際に右こめかみがハゲていたかどうかはさておき、そこまで再現する鈴木亮平の本気が詰まったNHK大河ドラマ「西郷どん」。視聴者からも称賛の嵐を呼んでいます。

ハゲルヤはハゲを全力で再現させる鈴木亮平さんをこれからも応援し続けます!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします