サッカーのワールドカップ・ロシア大会で日本代表は7月3日、決勝トーナメントでFIFAランキング3位のベルギーと対戦、2−0とリードする場面もあったものの、最後は2−3で破れました。8強の夢を20分ほど見せてくれた日本代表ありがとう。

Embed from Getty Images
試合後には本田圭佑が突然「最後のW杯」宣言。引退も視野かと報じられています。
「4年後は考えられない。自分のためだけのワールドカップにするなら同じような役回りで出られるかなと思ってるんですけど、日本代表は大きく前に進んでいかないといけない。次のワールドカップには出ないと思います」
一時代の終焉へ…本田圭佑がW杯最後宣言&引退も視野か「サッカーにどう携わるか整理したい」
Embed from Getty Images

ケイスケホンダの髪型に世界が注目

そんな中、英紙サン(電子版)はW杯ロシア大会に出場している選手の「最悪な髪型」を特集。各国代表から10選手を選んでいるのですが、日本代表からまさかのMF本田圭佑がラインクイン。

Embed from Getty Images
3番手として登場した本田の髪型について同紙は「バーコードヘアの長い版」と酷評。専属の理髪師を必ず帯同させることも紹介しつつ、「本来、本田は日本でファッションリーダーだ。しかし、上部が長く、横を刈り上げ、後ろも長い。この32歳のMFが美容院に行き、この髪型をお願いするという勇気ある決断をしたとは理解に苦しむ」と痛烈に批評。

「ヘアスタイルのほうがパフォーマンスよりもずっと目立っている」と続けました。

Embed from Getty Images
金髪にした長友選手も薄毛を気にしていましたが、ヘディングで頭を酷使するサッカー選手は、薄毛のリスクと常に戦わなければいけないのかもしれません。それにしても「バーコードヘアの長い版」って…。

とはいえ、「ヘアスタイルのほうがパフォーマンスよりもずっと目立っている」と言われ黙っていられない本田。英紙に報じられた2日後に行われた24日セネガルで、後半27分にMF香川真司に代わって途中出場。1点を追う後半33分に、日本人初の3大会連続ゴールとなる、貴重な同点弾を決め汚名返上。

Embed from Getty Images
これまでの「ビックマウス」ぶりや、前のコロンビア戦で不用意なパスでピンチを招くなど、Twitterなどでは批判の声が上がっていましたが、この活躍にネットでも

「本田さんごめんなさーーーい!!!!」
「本田!いままで悪口いってごめん!」
「本田に土下座する」


などのコメントが続々寄せられ、話題となりました。

なお英紙サンの特集には、薄毛男子もランクイン。セルビア代表GKマルコ・ドミトロビッチ(26)についても「薄毛を伸ばすぐらいなら、すべて短く切ってしまった方がいい」とアドバイスしています。

Embed from Getty Images
まだハゲてないのに「バーコードヘアの長い版」とか言われたら、世界のケイスケホンダも引退を考えちゃいますよね。

代表ユニフォームの本田圭佑はこれで最後かもしれませんが、本田にはまだまだ頑張ってもらいたい!本田さん、ハゲてないから!

そして西野ジャパン、お疲れ様でした!!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします