誰しも1つや2つは悩みを抱えて生きているものですが、その悩みの1つにあるのがハゲ。そんなハゲに関する悩みが女性自身のお悩み相談コーナーに寄せられました。

夫がヅラだった。別れたい。

9bca078307c63ea3cfbc032c49889c6e_s
30代女性・会社員からの相談で、婚活サイトで知り合った男性の見た目が決めてとなって結婚した相談者。しかし結婚後、夫のカツラが発覚。彼女のお父さんが隠れヅラだったのが恥ずかしかったというトラウマもあり、カツラをかぶっている男性が生理的にムリだと言います。

それに加えて、自分がカツラということを告げず自分と結婚したことも許せず離婚をしたい…という内容です。

相談者の気持ちも分からなくもないですが、今回この相談を誌面で受けたのが弁護士の仲岡しゅんさん。男性として生まれ、数年前に女性にトランスしたハイブリッド弁護士です。

仲岡弁護士はこの相談に対して「どうしても離婚すると言うなら、貴女が家を出て相手と数年間の別居をしてしまうことです」とコメントしています。

弁護士という立場から今回の離婚原因について法律ではどうなっているのかを解説。仲岡弁護士によれば法律には、「薄毛の事実を隠していたら離婚できる」という条文はないそうです。

ではカツラを理由に離婚するためにはどうすればいいのか。民法770条1項5号には「その他婚姻を継続し難い重大な理由」と言えることが必要だといいます。
bb56a82cf3b3268a012125071da2d8e1_s
そのため冒頭で紹介したように、数年間別居することで婚姻関係が実質的に破綻しているとみなされ離婚が認められるそうです。

今回の相談のポイントは相談者の女性が「夫の薄毛」がイヤなのか。それとも「カツラであることを隠していた」ことがイヤなのか。

カツラであるという事実を隠して、結婚していたとしたら、それが問題になるかもしれないそうです。カツラであることを隠蔽していたことが家庭内でどれだけ重要なのかが裁判で争われる可能性もあると仲岡弁護士は話しています。
422a2268e110a28c3ece0b7bb65c6bf5_s
そして仲岡弁護士は、そもそも彼と結婚した理由を「外見がタイプ」と話していることについて「外見なんて10年もすれば変わります。離婚を決断する前に貴女の結婚感をもう一度よく考え直す機会にしては?」と考えを見直すことをオススメしています。

我々がこの事例から学ぶべきことは…ハゲは隠さずにさらけ出した方がいいということ。

ハゲを隠してろくなことはありません。変な揉め事に巻き込まれないためにも、ハゲをさらけ出して前向きに生きていきましょう!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします