9日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、ナインティナインの岡村隆史が、事務所経由で寄せられた政治家からの問い合わせ内容を明かし、薄毛リスナーの注目を集めています。


岡村と言えば、かつては薄毛キャラとして知られていた芸人の一人。

あまりのハゲっぷりに相方の矢部さんに「(ハゲがひどすぎて)オンエアできない!」と言わたり、ハゲのことを「岩のり」と表現されたりしたことも。

2012年の番組記者会見では矢部に薄毛を指摘されると「薄毛はエンターテインメントなんです。悩んでるふうにしてますが、はげるんだったらはげ上がれって思ってますから」と強がっていましたが、プライベートでは真剣に薄毛芸能人同士で情報交換し、薄毛治療に取り組んでいたとか。
okamura

その成果があってか、髪が濃くなった岡村は、「オードリーのオールナイトニッポン」にゲスト出演したときに薄毛に悩んでいたことを告白。

リスナーから髪が濃くなったことを指摘されると、

「『ハゲるならハゲ上がれ』と言ってきたがやっぱりハゲたくなかった」
「芸人である前に一人の人間やったんよ。みんなは『ハゲたら最高じゃないですかー』って言ってくれるけどそこは無理やった。やっぱハゲたくない」

とぶっちゃけ。その際に、病院に通い治療していたことも明かしていました。
47a877a869d1ce8cc6e8318707d67a8b_s

ちなみに、この治療により全身の毛にも変化があったとか。眉毛や指の毛が濃くなっていると、本人も語っています。

そんな“奇跡的なカムバック”を果たした岡村にある政治家も注目していたようで、岡村いわく「そんな自分の“ボーボーぶり”をテレビで目にしたある政治家が、面識がないにもかかわらず、吉本興業を通して問い合わせてきた」「どこで薄毛治療をしたのか、詳しく聞きたい」と問い合わせがあったことを報告。

岡村は政治家も見栄えが重要だとし、政治活動などのストレスで髪が薄くなっていくことを危惧しての行動だったのだろうと推測。自身が通う病院名を教えたとのこと。これぞハゲの友情です。

この岡村の報告には、ネットでもすぐさま反応があり、

「繋がりは薄毛のみw w」
「皆ボーボーになったら斉藤さんの一人勝ちだな」
「長友にも紹介してやってくれ」
「関係性は薄いし,毛も薄いし!」

などの声がある他、中には、

「政治家って二階(俊博)か?」
「安倍はフサフサだから違うな」
「プーチンだろ」
「病院紹介を依頼した大物政治家って誰?二階幹事長?」
「沖縄から通ってくるのか 大変だな」

などと問い合わせてきた政治家を推測する声も。

それにしても誰が問い合わせてきたのか気になりますね。

ネットでも声が上がっている大物政治家なのか、はたまたかつて自民党だった豊田真由子氏の「このハゲー」追究を嫌がった野党の面々か…。ハゲ議連のメンバーでないことを祈るばかりです。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします