三面鏡の前に手鏡を持って、自分の後頭部を見ながら白髪を探す…

そんなことはありませんか?

a0002_007467_m
 
見つけては「プチッ!」見つけては「プチッ!」と抜くのは意外と楽しいのですが、白髪は抜いてはいけません!

白髪を無理に抜いてしまうと、頭皮にダメージが及びます。「チクっ!」としますよね。毛穴周辺の皮膚や毛根に傷がついてしまうおそれがあるのです。

さらに、白髪が生えてくる毛根は、メラニン色素を作り出す力が弱っているので、抜いたとしてもまたそこから白髪が生えてきます。無限ループの上、頭皮を痛めるリスクしか無いので、白髪は根元付近で短くカットするか、おとなしく染めましょう。

染められる髪があるだけいいじゃないですか!
 
 また、毛根にダメージを与えることで、他の毛にまで栄養がいかなくなり、薄毛の原因にもなります。サッと塗るタイプタイプの白髪隠しや、

トミーリッチ 黒髪カラースティック 幅広タイプ 

トリートメントタイプの白髪染めで目立たなくしていきましょう。

ディープブラウンヘアジェルクリームN(ブラック)

白くても大切な髪の毛です。長いお付き合いを。

「抜くと白髪が増える」はウソ

昔から言われている迷信のひとつに「抜くと白髪が増える」というのがありますが、これは全くのウソ。
目立ってきた白髪を抜く→また気になって頭皮を見る→気になっていなかった白髪まで発見。というのが真実のようです。

でも、くれぐれも白髪は抜いちゃダメですよ。


300250

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします