ストレスフルな現代社会、順調に進まない育毛・・・、そんなとき「こんなに苦しいのならば悲しいのならば髪の毛などいらぬ」と思ったことはありませんか? ▲愛も毛も大切にしてあげてください でもちょっと待って下さい! 残された毛と共に生きていこうと決めたあの日

↑このページのトップヘ