その1:まずは現状を把握あなたの髪の毛について最もよく知っているのは、いつも担当してくれる美容師さんです。髪の毛に関するスペシャリストなので、思いきって「ボクの髪、どうでしょう?」と聞いてみましょう。きっと心強い味方になってくれるはずです。 View image |

  

   
昔、『髪と戦え』という育毛剤のCMを見ていた友人が「戦えってなんだよ!ハゲは勝ち負けじゃねえ!」と憤慨していました。この理論で行くと「ハゲは負け組」という事になってしまいます。隠して、叩いて、ふりかけて。植えて、乗っけて、偽って。はたして、ハゲは負けなので

↑このページのトップヘ